汚れてしまったウォーターサーバーの中
2018 9/28 (金)

ウォーターサーバーを使う注意点、本体の汚れに要注意!

目次

赤ちゃんのためのミルク作りに、ウォーターサーバーを使うと、
簡単に短時間で作れて、とても便利なのですが、
注意しなければならないのは、本体の汚れです。

細菌に対する抵抗力の弱い赤ちゃんのために、
身の回りの環境をできるだけ清潔に保つのは、とても大切なことです。
特に直接口にすることになるミルクを作るための
ウォーターサーバーに対しては、いつも清潔であることに気をつけましょう。

特に気をつけたい汚れるポイント

赤ちゃんのためのミルク作りに使うウォーターサーバーで、
特に汚れに気をつけたいのは、やはり水やお湯の出てくる
蛇口部分や受け皿
などです。
また、ボトル式のウォーターサーバーだと
ボトルの差込口も気をつけたいところです。

放置すると雑菌やカビが発生する

掃除をしないで放っておくと、雑菌やカビか発生することも多いでしょう。
実際に、ある大学の調査によると、
家庭や会社に設置されているウォーターサーバーの3割に、
水道水の基準を上回る細菌が発生していたという結果も出ているようです。
いくらウォーターサーバーの水が安全であっても、
出てくるときに細菌だらけになってしまったら、
赤ちゃんのために使うどころではなくなります。

取扱説明書を確認してメンテナンスを行う

掃除の方法は、メーカーによって違う部分もあるので、
取扱説明書を確認しながら、綿棒や除菌シート、消毒液などを使って、
日常のメンテナンスを行うようにしましょう。

自動クリーン機能のついている機種もある

メーカーによっては、自動クリーン機能のついている機種もあるようなので、
そのようなメーカーを選ぶと安心です。

有人の定期メンテナンスのあるメーカーもある

ウォーターサーバーのメーカーによっては、担当者が定期メンテナンスを
行ってくれるところもあります。
メンテナンスの際に、
担当者に気になるところを質問することもできるので安心です。

まとめ

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク作りをすることは、
安全な水を使って簡単に短時間で作れるので、安心して使えとても便利です。
でも、いくら水が安全でも、本体が汚れていたら、
そこから細菌などが発生することもあります。赤ちゃんのためにも、
掃除はこまめにするようにしましょう。