出来た粉ミルク
2018 7/6 (金)

ウォーターサーバーを使用したミルクの作り方、適温への冷まし方

目次

赤ちゃんに飲ませるミルクを作るとき、ウォーターサーバーを使用すると、
とても便利だと話題になっていますが、具体的にはどのような手順で作ると
よいのでしょうか。詳しくご紹介します。

自分の手や周辺の環境を清潔にする

赤ちゃんは、細菌やウイルスなどに対する抵抗力が弱く、
病気になったときの回復力も弱いです。感染を防ぐため、
まず自分の手や周辺の環境を清潔に保つようにしましょう。

消毒した哺乳瓶を用意する

哺乳瓶は、やはり赤ちゃんの感染を防ぐため、
一回使うごとに消毒することが大切です。

粉ミルクをきちんと測って哺乳瓶に入れる

ミルクは正しい分量で作ってください。
成分が濃くなっても薄くなっても赤ちゃんの成長には
マイナスになります。用法を守って粉ミルクを利用してください。

哺乳瓶の中にウォーターサーバーから出るお湯を入れる

粉ミルクは、殺菌のために70℃以上のお湯で作ることになっています。
ウォーターサーバーからは、80~90℃のお湯が出てくるので、
これをそのまま使えます。出来上がりの量の3分の2くらいの量を入れましょう。

哺乳瓶の乳首やフードをセットし、よく振って粉ミルクを溶かす

粉ミルクに混入している可能性のある細菌を殺菌するためには、
粉ミルクがよく溶けている必要があります。溶け残りがないよう、
きちんと溶かしておくことが大切です。

このとき、哺乳瓶が高温になってやけどの恐れがあるため、
タオルなどを巻いてから振るようにすると安全です。

残り3分の1の量の冷水を入れる

冷水を入れるのは、高温になっているミルクを人肌程度に冷ますためです。
水道水で作る場合は、水道水をそのまま入れるのは心配ですが、
安心安全なウォーターサーバーの冷水なら、
そのまま入れてミルクを冷ましても、大丈夫でしょう。

ただ、もしも粉ミルクの溶け残りがある場合、
殺菌が完全になされていない可能性もあります。
心配なときは、残り3分の1の量のお湯を追加し、
水道水で作るときのように、哺乳瓶ごと流水や冷水に
浸けて冷ましましょう。

人肌くらいに温度になっているか確認できたら、赤ちゃんに飲ませます

手首の内側などに、ミルクを少量垂らしたら、
ミルクの温度が確認できます。

まとめ

赤ちゃんのためのミルクを作るとき、ウォーターサーバーを使うと、
水道水で作るときの手順をいくつか省くことができ、
短時間でミルクを作れます。忙しい子育てママにとって、
その時短は大歓迎でしょう。