ボトル式ウォーターサーバー
2018 7/6 (金)

ウォーターサーバーがおすすめの理由

目次

医療機関などで見かけることも多いウォーターサーバーですが、
一般家庭でも取り入れる人も多く、便利で使いやすいと話題になっています。
そして、ミルクを作るときにも便利だと、子育てママにも好評なようです。
その理由には、いくつかのものがあるようなので、ご紹介します。

赤ちゃんのために安心安全な水を使える

ウォーターサーバーの水には、安心で安全な天然水やRO水などが使われています。
特にRO水は、RO膜というNASAで開発された高性能なろ過フィルターによって
作られており、細菌やウイルス、放射能物質まで取り除かれた、
限りなく純水に近い水です。赤ちゃんのためにも安心して使えます。

ウォーターサーバーから出てくるお湯をそのまま使える

多くのウォーターサーバーからは、水のほかに、お湯が出てきます。
水道水でミルクを作る場合は、まず水道水を沸騰させてから使わなければ
なりません。粉ミルクは70℃以上のお湯で作ることになっているからです。

でも、ウォーターサーバーなら蛇口から出てくるお湯をそのまま使えます。
忙しい子育てママにとって、時短でミルクを作れるのは、大いに助かるのです。

ウォーターサーバーから出てくる水をそのまま使える

ミルクを作るときには、いったん70℃以上のお湯で溶かしたミルクを、
人肌くらいの温度まで冷まさなければなりません。水道水で作る場合は、
哺乳瓶ごと流水や冷水に浸けて、冷やさなければなりませんが、
ウォーターサーバーの水なら、安心してそのまま哺乳瓶に入れて
ミルクを冷ますために使えるので、さらに時短でミルクが作れるのです。

ただ、70℃以上のお湯で調乳するのは、粉ミルクの殺菌のためという理由が
あります。もしも粉ミルクが溶けきれていない場合、
粉ミルクに混入しているかもしれない細菌が、
殺菌されていない可能性もあります。心配な場合は、
やはり従来のように流水や冷水で哺乳瓶ごと冷ます方法をとることをおすすめします。

まとめ

ミルクを作るときに便利なことが、子育てママに好評なウォーターサーバーですが、
その理由には、赤ちゃんのために安心で安全な水を使えることのほかに、
蛇口から出てくるお湯や水がそのまま使えることなどがあるようです。